自分史カフェ2日目 1コマ

今日もおこしくださりありがとうございます。

自分史カフェ2日目の1コマ

「人に影響を与える5感アプローチ」

5感

視覚、聴覚、味覚、触覚、嗅覚

自分のためのメモ書き(^_^;)

1439906330525

どのくらい、この五感で

身の回りの物をとらえているか?

第一位は、視覚ですね~、10,000,000bit

第二位は、触覚ですね~、 1,000,000bit

「この中にあるオレンジ色のものはいくつですか?」

ダウンロード

・・・

・・・

・・・

数秒後に、

「それでは、緑色のものは?」と聞かれたとします。

私、ほとんど思い出せませんでした(^_^;)。

みてはいるんですが、オレンジ色以外のものは、

削除されていました!

自分のフィルターを通して、

削除

湾曲

一般化

が行われ、

わずか16bitしか認識できていないのですね。

それでは、

mouflon-721124__180

自分が3つのうち、どの感覚優位かご存じですか?

・視覚

・聴覚

・感覚

自分は、視覚だろーなーと思っていました。

でも、結果は聴覚でした!

それぞれに特徴があって、これがすべてではないけど、

オモシロイとらえ方だなと思います。

例えばいくつかあげると、

「言葉の表現」

視覚…見ているような表現を使う

聴覚…聞こえるとか、ピンとくるとか使う

体感覚…ふわっとか、府に落ちるとか、内臓感覚の表現を使う

身につけるものの特徴(服とか)

視覚…目を引く柄だったり、色味

聴覚…モノトーンとか自然の色味

体感覚…手触り重視

あとは、

「ほめられ方」

視覚…みんなに見てもらってる所で褒められるといい気分

聴覚…言葉で言ってもらう方が嬉しい

体感覚…肩をたたくとか(よくやった!というふうに)

    された表現された方が好き

自分の感覚と他の人の感覚の差がみえます。

自分にとって好ましいほめ方でも、

相手にとっては、そうでもない!って事があるようです。

だからと言って、

これを応用しようとは思わないけど、

知っていると、おもしろいなって思います。

例えば、何かを説明しようとするとき、

こんなのはどうでしょう?

155421589_8608a07379_m (1)

視覚の人には、書面で全体をみせる、

聴覚の人には、とにかく言葉で説明する

体感覚の人には、直接会って説明する。

もうひとつ、

おもしろいなって思った事。

ある出来事が起きた場合

その状況をイメージもしくは体験

1439906316213

心の状態をみてみると、

感情が臓器と関係している!

心の状態で、身体の不調がでるっていうのわかる!

と思った瞬間でした。

学んだ事をまとめるって難しい~。

何かのお役に立てたら嬉しいです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

感謝(うれしい)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です